柏市に                        
 
   「千葉県立動物がんセンター
                     の設立を提案!


    
あなたの愛犬、愛猫が、がんになった場合、本格的治療は所沢のがん専門病院か、東京の本郷の東大病院、もしくは相模原の麻布大学(獣医科)までつれて行かなくてはなりません。


千葉県には動物のためのがん専門病院がありません


子どもがいない家庭にとって、家族動物である犬や猫は
大切な子どもです。


そうでない家庭でも家族動物は
大切な家族の一員です。


千葉県内に犬・猫のがん専門病院があれば、県内の愛犬家、愛猫家の方達は本当に救われると思います。


国立がんセンター近くに、例えば


千葉県立動物がんセンター


があれば、千葉県の家族動物愛好家にも、獣医師の研修用としても、そして国立がんセンターの医師、研究者の方々との相互のがん研究ができ、さまざまな形で役に立つと思います。


建設費や維持費はかかりますが、県外に治療に行かれる多くの方々や、隣県の方々も来られますので、収益も期待できると思います。


まして公立の「動物がん専門病院」は現時点では
全国初の試みと考えます。


千葉県立動物がんセンター」のキーワードは、


研修機関としての、千葉県内の
獣医師のキャリア・アップを目指すこと。


千葉県だけの「県立動物がんセンター」をつくることにより、
動物愛好家を呼び込み、人口を増加させること。


国立がん研究センター東病院との提携により、
がん研究をレベルアップさせ、将来は双方で研究協力が出来ること。



以上の事から、柏の葉の国立がんセンターの近くに建設すべきと考えています。
関東一円から患者が来れば、
投資しても採算が合う県の事業となり、獣医学科のある大学を誘致することも可能です。





                                                       
あなたの民間発想を教えてください!