中田 学の目指す「発信力」 「行動力」


 ◆民間出身の「発信力」と「行動力
 
・地域課題を自ら徹底調査。
・それをスピード発信、フットワークの良さで全力解決!地域振興対策として、地域力をアップし、生活基盤を一層強化します。


 ◆三世代が交流できる
地域の輪

   
・団塊の世代が75歳を迎える2025年に向け在宅医療・介護や地域就労支援を行い、三世代が笑顔で過ごせるまちづくりを目指します。
・地域包括ケアシステム「産」 「学」 「官」に、もっと地元の力「
」を!


 縦割り行政を打開するため、
      県政の体質自体を
壊す
   
・県が担っている莫大な権限と財源を地方自治体に移譲し、各市町村が骨太になるように地域主権を促進します。
・また大きな権限がある割には、国の日和見主義となっている県政の体質自体を壊し、県政が積極的に動いていける体質に変えます。
・さらに地域の諸課題解決のため、横断的な行政各部局の協働を徹底要望します。
・また県と市の政策マッチングの役割を率先的に担います。


 未来の主人公を育てる社会
   
・児童虐待の防止。
・犯罪や非行の防止対策。
・不登校や引きこもり、ニートなど社会生活を円滑に営む上で、困難を抱える子ども・若者へのきめ細やかな支援。
・県内体育館など吊天井の落下防止対策を徹底。

   
 子育てパパ・ママ応援隊
   
・病児・病後児保育についての事業促進。
・待機児童解消。
・育児休業の整備や保育サービスの充実など、仕事と家庭の
両立支援


 ◆社会的弱者を守る
 
・保育所での障害者雇用の促進。
地域生活支援事業に自治体間連携を促し、地域格差を解消。
・障がい福祉サービスと地域生活支援事業の
連携強化


 正直者が報われる社会
   
・年金や手当、生活保護などの不正受給や、自動車税などの不正滞納、さらにwebテストの不正受験などを許しません
・また後期高齢者医療制度のチャートで、個人年金が加算される仕組みの制度設計見直しを提言。


 一所懸命が実る社会
 
・正規雇用の促進。働く人や弱い立場の人が不利な扱いを受けない、公正な社会の実現。
・生活基盤整備、持続可能な福祉制度など、暮らしの質を重視した経済・行政・財
政の構造改革。
・中小企
業と大企業で働く人の格差是正。


 高齢者が過ごしやすい社会
   
・団塊の世代が75歳を迎える2025年に向け、在宅医療・介護や地域就労支援を促進。


   
                                                       
あなたの民間発想を教えてください!