中田学が、ご縁の社会をつくる。

孤独死、引きこもり、ドメスティックバイオレンス、ネグレクト・・・これらの問題が生まれたのは人々の間にある
「ご縁」
が希薄になったためではないでしょうか。

 地域、世代間、そして家庭においてすら人間関係が希薄化する現代社会で、私たちはどのように人と向き合い、
縁を結び、思いやりあふれる社会を築いていけば良いのか。

この度の東日本大地震の発生を受けて、人と人の「ご縁」が再び注目される今、
ご縁の下のチカラもち」中田学は無縁社会の根絶とご縁のある社会の創出を強く訴えていきます。
     
     災害時
ー力を発揮するのはお互いの役割を活かし合う
ご縁
のある社会。