8/25(土)  高柳駅をよくする対話集会に出席
 高柳駅をよくする対話集会に出席してきました。柏市都市部区画整理課、土木部道路交通課の職員の方々から、現在の進捗状況の説明がありました。
それによると今年度と来年度は主に、調整池の築造工事や、保留地及び駅前広場の整備が行われるとのことでした。またエレベータや多機能トイレを設置する準備も同時に進めている状況ということでした。
 しかし一方では、住民からの要望である暫定的な西口改札の設置や、しいては橋上駅舎の整備などが遅れている状況であり、バリアフリー化と共に早期整備が求められています。 
 高柳駅はスーパーが東口にありますが、西側にも住民が多く、また駅から徒歩10分圏内は住宅開発の関係で道路の狭い箇所が多くあり、駅周辺の交通利便性にも課題があります。また駅ホームも大きく湾曲していることや、単線区間内にあり、この駅で電車の行き違いを行うことが多いため、複線化の実現など解決しなければならない問題が山積しています。今後は国・県・市が一致協力し、課題解決に向けて取り組んでいきたいと考えています。
8/10(金)  県立柏の葉公園の除染工事について
 千葉県災害復旧・復興本部が策定した千葉県放射性物質除染実施プランにより、柏の葉公園の除線工事が開始されました。除染工事の実施期間は8月10日~9月20日の午前9時から午後5時までとし、場所は公園内芝生の広場が除染対象となりました。専用機械による芝生の深刈りを行います。子どもたちが多く利用する公園なので、早急な除染対応が求められます。
(下図出展:千葉県県土整備部公園緑地課)
8/1(水)  旧沼南庁舎へ柏警察新分署を
 柏市における刑法犯認知件数は、過去最高を記録した平成14年を境に年々減少してきました。昨年も年間5,000件を下回り、平成5年頃の水準まで回復している状況です。
 しかしながら、市民の身近で発生している窃盗犯は依然として全体の約8割を占めており、特に自転車、忍び込みについては、平成22年より増加傾向であること、また車上狙い、空き巣などの犯罪も依然として多発していることから、多くの市民が犯罪被害者となるおそれがあります。
 柏市を管轄する警察署として現在、柏警察署が設置されていますが、管轄人口は既に40万人を超えており、警察署1署あたりの業務負担が非常に大きく、刑法犯認知件数及び交通事故件数において千葉県ワーストワンという状況にあります。
 また柏市は平成20年4月から中核市へ移行し、市民がより一層安全安心を実感できるまちづくりの推進を重点事業に位置づけています。尚、県内では中核市である船橋市や、人口規模の大きな松戸市、市川市に、それぞれ2署体制で警察署が設置されている状況です。
 これらの状況から、柏市における警察体制の一層の強化は不可欠であり、それに伴う警察官の配置拡充および柏警察署の分割による警察署の新設が必要と考えます。
 現在の柏警察署は、JR線や国道6号線を挟み北部に所在していること、また盗難車両などが違法に海外へ持ち運ばれてしまうルートとして、国道16号線が使われている事、さらに今後の大型ショッピングモールの開発などに伴う消費者の流動傾向等を鑑みると、私は新設の警察署を旧沼南地区に設置することが望ましいと考えています。
 さてその一方で、国道16号線大島田交差点を少し入ると、旧沼南庁舎が所在します。ここは現在柏市教育委員会が使用していますが、元が沼南町の本庁舎だったため建物が大きく、全てを有効に使いこなせていない事を否めないと思います。もしこの旧沼南庁舎に、先に述べた柏警察の分割による警察署を併設出来たら、旧庁舎の有効活用やランニングコストの抑制だけでなく、県と市、また教育行政と警察行政との協働型施設としても、全国でも注目を浴びる存在になると考えます。これは例えば大きな社会問題となっているいじめ問題などについても、教育行政と警察行政が協働して解決にあたる可能性も見出すことができ、メリットはかなり大きいと思います。
これからの地方政治は、広域自治体と基礎自治体が如何に連携を図り、山積している課題を解決できるかという事が重要であると考えています。そのためには既存の捉え方も大切ですが、時に柔軟で現場にあった応用的対応も求められると思います。
是非今後、千葉県と柏市には、旧沼南庁舎への柏市教育委員会、柏警察署の新分署の併設提案を一つの解決策と捉えて頂き、前向きに検討してほしいと思います。
8/1(水)  東葛高校の除染工事を視察
 一昨日お伝えした県立高等学校の除染工事が今日、東葛飾高等学校から開始されました。これに伴い実際の除染作業を視察させていただきました。
基本的に放射性物質の除染プランは千葉県災害復旧・復興本部が行っていますが、今回は学校の除染という事で、本部の中から教育長教育振興部学校安全保健課、企画管理部教育政策課の職員が対応してくれました。
 除染としては、まず草木を刈るところからはじめ、その後表土の天地返しを行います。東葛高校では生徒たちの夏休み中に作業を完了したいということでした。
 今後県有施設については随時放射能測定を行い、必要に応じて除染作業を行うこととなっています。
8/1(水)  「出前民主党」柏市へ
 一昨日、柏市役所で出前民主党の聞き取りを行いました。昨年度に引き続く要望も多くありましたが、とりわけ今回、柏市から千葉県への要望の中にはちょうど昨日行われた県立高校の除染要望等や、私が2月議会で質問した「箕輪青葉台線」の延伸についても入っており、その場で調査結果や進捗状況などをお伝えしました。今後も市の要望をできるだけ聞き取り、県行政ともリンクさせていきながら、要望を的確に伝えフィードバックしていきたいと考えています。